二ノ国II レヴァナントキングダム

二ノ国の世界

ゴロネール王国 かつてはニャウ族、マーウ族が暮らす平和な王国であった。しかし、マーウ族の大臣チューダインのクーデターによって王が変わり、ニャウ族が虐げられている町となった。

  • 拡大する
  • 拡大する
  • 拡大する

長きにわたる ニャウ族の王権は終わりを迎えるのです チューダイン・ジルベルク・チューダス 元ゴロネール国王ラウゼオの側近。秘密裏にラウゼオに毒を盛り、暗殺。その後、王座に就いたエバンを葬る為、クーデターを起こした張本人。クーデター後はゴロネールの国王となる。

拡大する

風蛇の谷 常に風が吹きつける、険しい渓谷。ゴロネールと他国を隔てるようにそびえる。「天空の毒蛇」と呼ばれる空賊ガットーが縄張りとしている。玉神塚の一つが谷を抜けた先にある。

ゴールドパウンド 全てがサイコロで決まる国「ゴールドパウンド」。賭け事を国の事業として大きく位置づけており、カジノ産業が盛んで、多くの観光客がカジノを目的に集まっている。

裁判や国の大事な取り決めを行うときもサイコロが使われ、特に重要な決め事は「サイコロ様」と呼ばれる巨大な銅像が、民衆を前にサイコロを振る。なお、賭け事のサイコロを振れるのは、占星術師と呼ばれる者のみであり、その頂点に立つのが占星術長、ロクメ・ギである。

今月の税金は6の目の分しかと納めるように! ロクメ・ギ ゴールドパウンドの実質的な国王。サイコロ様の後見人として位置づけられた占星術長。元々は貧しい家の出身。賭け事を国の一大事業として位置づけ、カジノを整備し、国を大きく成長させた立役者。付に一度、税金の倍率を決める神事にてサイコロの出目を不正に操り、多額の税金を国民に課している。

ネオンサインがまぶしい、ゴールドパウンドの入り口。奥に見えるのは城だろうか?非常に活気のある国のようだ。

  • 拡大する
  • 拡大する

町にはいろいろな施設があるようだ。城前の広場には不気味な像が鎮座している。

  • 拡大する
  • 拡大する

国民は犬の顔をしたバウワン族。占いや賭け事が大好きらしい。

シーラザラカン 海の大国「シーラザラカン」美しい女王、ホメディアスによって治められている。厳しい法律があると言われており、海上に突き出す巨大な「女王の目」によって、国民は常に監視され、厳しい取り締まりが行われている。

この王国の繁栄は女王陛下のお力によるもの セシリウス シーラザラカンの女王 ホメディアスの側近。恐ろしく頭が切れるが、女王には頭が上がらず、ハイヒールで踏まれる始末。極めて「戦略的」な判断を行える冷徹さをもつ。

おまえのような冴えない男になぜ民の人気が集まっているのだ? ホメディアス シーラザラカンを治める美しき女王。様々な厳しい法律で国民をしばりつけているが、セシリウスの手腕によって国は平和を保っている。女王とセシリウスしか知らない重大な秘密を抱えており、それは厳しい法律を課す理由に繋がっている。

拡大する

港町 ヨッソーロ 船大工を生業にしている小さな町、ヨッソーロ。腕利きの船大工が居るらしい。しかし、町には人影が少なく、ただならぬ雰囲気。何か異変が起こっているようだ。