二ノ国II レヴァナントキングダム

二ノ国の世界

ゴロネール王国 かつてはネコ族、ネズミ族が暮らす平和な王国であった。しかし、ネズミ族の大臣チューダインのクーデターによって王が変わり、ネコ族が虐げられている町となった。

  • 拡大する
  • 拡大する
  • 拡大する

長きにわたる ミャウ族の王権は終わりを迎えるのです チューダイン・ジルベルク・チューダス 元ゴロネール国王ラウゼオの側近。秘密裏にラウゼオに毒を盛り、暗殺。その後、王座に就いたエバンを葬る為、クーデターを起こした張本人。クーデター後はゴロネールの国王となる。

拡大する

風蛇の谷 常に風が吹きつける、険しい渓谷。ゴロネールと他国を隔てるようにそびえる。「天空の毒蛇」と呼ばれる空賊ガットーが縄張りとしている。玉神塚の一つが谷を抜けた先にある。

ゴールドパウンド 全てがサイコロで決まる国「ゴールドパウンド」。賭け事を国の事業として大きく位置づけており、カジノ産業が盛んで、多くの観光客がカジノを目的に集まっている。

裁判や国の大事な取り決めを行うときもサイコロが使われ、特に重要な決め事は「サイコロ様」と呼ばれる巨大な銅像が、民衆を前にサイコロを振る。なお、賭け事のサイコロを振れるのは、占星術師と呼ばれる者のみであり、その頂点に立つのが占星術長、ロクメ・ギである。

今月の税金は6の目の分しかと納めるように! ロクメ・ギ ゴールドパウンドの実質的な国王。サイコロ様の後見人として位置づけられた占星術長。元々は貧しい家の出身。賭け事を国の一大事業として位置づけ、カジノを整備し、国を大きく成長させた立役者。付に一度、税金の倍率を決める神事にてサイコロの出目を不正に操り、多額の税金を国民に課している。